2022年6月13日

ユーザー様の権利保護およびプログラム防衛について

当社では、ご購入いただいたユーザー様の権利を保護する観点から、次の①~⑤の対策にてプログラム防衛を行っています。これらの対策により、EAプログラムの解読や不正使用ができなくなり、稼ぐロボの開発者でも復号表を作らない限り、解析は不可能になります。そして、その復号表の作成も、まず不可能です。
① dllファイル
② 難読化処理

 暗号化コンパイル
④ プログラムによる計算(関数を使わない)
⑤ ダミーコードの挿入
是非、安心してご購入いただき、資産形成にご利用いただけますと幸いです。

なお、このような対策の必要性とは、把握できない不正使用による同一トレードの増加は、証券会社のサーバーおよびカバー先での約定の競合を惹起し、正規ユーザー様の資産形成に悪影響を及ぼす可能性があるためです。

①dllファイル

ユーザー様の口座での正常稼働に必要な情報は、dllファイルに格納しています。この制御を不正に突破して稼働させる手段があったとしても、不正使用の場合は正常なトレードが行われません。

②難読化処理

各EAには、ソースコードの難読化処理を適用しています。難読化処理により、mql4ファイルを見ても解読は極めて困難になります。下図のように数字の羅列に置き換え、更に改行を消していきます。
EAの難読化処理

③暗号化コンパイル

各EAは、ソースコードの難読化処理後に、暗号化コンパイルを適用しています。これにより、デコンパイルのハードルが数段上がり、仮にデコンパイルされたとしても、解読はほぼ不可能になります。

④プログラムによる計算

①~③の対策をしても、膨大な時間をかけることでトレードロジックが解析される可能性をゼロにはできません。そこで、トレードの際に必要な計算は、MT4エディタの組み込み関数ではなく、プログラムそのもので計算するようにしています。①~④を併せることで、ロジックの解読はほぼ不可能になります。

⑤ダミーコードの挿入

各EAのソースコードには、トレードとは関係のないダミーのプログラムコードが各所に散りばめられています。デコンパイルされたとしても、使われるトレードロジックを見つけ出すことは、森の中に隠した枝を探し出すのと同じです。